東京成徳大学深谷高校サッカー部 公式サイト

-pick up player- 若林晃成 Wakabayashi Kosei

Blog

Blog

-pick up player- 若林晃成 Wakabayashi Kosei

若林晃成 Wakabayashi Kosei
籠原スポーツ少年団 → FC OWL → 成徳深谷高校

『ワカバコ』彼は、全員にその愛称で親しまれてる。そんな笑顔が絶えない『ワカバコ』ひとたびピッチに放たれた彼は、まるで野生児である。彼の身体能力には驚かされることが多い。3年次にS2(埼玉県2部リーグに所属する成徳深谷B)の主軸として躍進した。数々の勝利に貢献した彼は今、3年間の高校サッカーをやり切り、何を感じたのか。

 

—まずは、若林選手お疲れ様でした。3年間の高校サッカー生活を振り返ってどうでしたか?—

自分は、1年次は公式戦(埼玉県1部U16リーグ)に全く関われませんでした。彩都リーグ(サブメンバー中心のリーグ戦)も途中出場が多くてあまり公式戦出場に恵まれなかったです。でも、腐らずに頑張って少しでも指揮官にアピールして出場したかったですね。
2年次は、「トーナメントのメンバーに入って活躍したい」、「S2に入って少しでも試合に出て認めてもらうように頑張りたい」という一心でした。けど結果は一度もメンバー入りすることはできず、S2のメンバーにも入れませんでした。
3年次は、S2のメンバーに入ることができ、公式戦にも出場できるようになりました。

 

—苦しい時期も腐らずにやれた理由としては何があったからですか?—

努力すれば何とかなるという自分がいたので、練習終わりに筋トレや自主練は当たり前に取り組んでいました。ケガでスランプに陥り苦しい時期もありました。その頃はかなり焦りしかなかったですね。でも、3年になってS2で出場し始めて少しはチームのために貢献できたかな!?って。

 

—では、3年次は順風満帆のサッカーライフだったのではないでしょうか?—

楽しかったです。けど…辛い思いもしました。 関東大会県予選はメンバーに入りましたが、自分が試合に出ることはありませんでした。続く、総体県予選はメンバーに入ることすらできませんでした。目標でもある『選手権の舞台に立ちたい』という気持ちがあったので、このままではピッチに立つことすら、メンバーに入ることすらできないと危機感を感じていました。だから、S2で出場し続けてアピールしまくるしかないなって。

 

—そうだったのですね。そんな若林選手が得意とするプレーは何ですか?—

FWをやっているので競り合いは得意です。ボールを収めて次の攻撃へとつなげることは得意なプレーだと自負しています。空中戦での競り合いには自信がありました。自分ではよくわからないのですが、空中にあるボールをヘディングするとき、『え?このタイミングで飛ぶか?』ってよく言われます。(笑)
でもそのプレーが、仲間や大野先生(S2指揮官)の期待に応えられたと思います。

 

—そんなS2の指揮官、大野先生の印象を教えてください。—

「…経営者みたいですかね。(笑)」S2の時に熱心に相手チームのことを分析して自分たちに勝つための準備を怠らずにしてくれる指揮官です。大野先生は頭が良くて、難しい言葉を使うので、何を言っているのかわからないことも多々ありました。すみません。(汗)

 

—為谷監督の印象を教えてください。(一言で例えるなら?)—

とてもサッカーに対して熱い指揮官です。カマチョ(構ってほしい)な一面もありますが。(笑)でもそこが嬉しいです。選手との距離が近くコミュニケーションをとってくれる良い監督です。選手との距離感がどこの高校よりも近い。これが成徳の良さであると思います。

 

—そんな若林選手が、一番印象に残っている試合を教えてください。—

S2の順位決定戦です。(vs立教新座戦高校 11/30)スタメンで出場しました。3年生にとっては高校最後の公式戦ですし、大野先生に勝利をプレゼントしたいということで気合いが入っていました。試合には1-oで勝つことができました。大野先生に勝利をプレゼントすることができたと同時に、最後に3年生の意地を見せられてホッとしました。

 

—順位決定戦は選手権に敗退した後ですよね。目標でもあった選手権の舞台。惜しくも出場をできませんでしたが辞めようとは思わなかったのですか?(成徳深谷では選手権後、引退するかリーグ戦終了まで残るかを各選手が決めている)—

全く思いませんでした。残った理由は、S2のメンバーでサッカーをやりたかったし、3年生が残った意味を証明したかった。そして、責任を果たしたかったからです。サッカーが好きで、選手権に負けても引退しないで最後までS2のみんなとサッカーをして、大好きな大野先生のために勝って恩返しがしたいという気持ちでした。(vs立教新座高校 1-0勝利)

 

—ところで若林選手は、中学生の時になぜ成徳深谷への進学を考えたのですか?—

正直、最初は別の進路を考えていました。けど、12月ぐらいに中学のクラブチーム(FC OWL)のコーチから、「成徳にいってみないか?」と言われて成徳のトレーニングに参加しました。参加してみて、練習の雰囲気が良かったのと、状況に応じた実戦的なトレーニングをしていたので「自分も成徳の一員となって戦いたい」と思い成徳に入りました。今では、成徳に入って本当に良かったと思っています。

 

—最後に、後輩やこれから成徳深谷サッカー部に進学する選手にメッセージをお願いします。—

後輩には、今は下のカテゴリーでも努力すれば何とかなることを伝えたいです。自分自身は、1・2年は試合に出られず苦しい時期がありましたが、佐藤蒼太さん(平成30年度キャプテン)の代の選手権予選をスタンドから応援して『自分もあの舞台に立ちたい』と思い、努力してS2で試合に出場ができ、また選手権もメンバーに入ることができました。自分の1年生の頃を思うと信じられないです。本当に自分の人生を変えたかったら本気で努力してほしいです!!

これから進学する皆さん。環境が変わり、慣れるまでに最初は時間がかかりますが臆することなく頑張ってください。また、1月からグラウンドが人工芝になるので、これまで以上により良い環境で取り組めることはメリットだらけだと思います。そして、どのカテゴリーにいても、スタッフがよく見て指導してくださるので、良ければ上のカテゴリーに推薦してくれます。なので、上に行けるかは自分次第だと思います。是非頑張ってください。