東京成徳大学深谷高校サッカー部 公式サイト

チーム紹介

概要・沿革

東京成徳大学深谷高等学校サッカー部は、平成8年4月より女子高から共学への変更に伴い男子サッカー部を作り、埼玉県サッカー協会には1998年4月に加盟しました。

2004年から現在の為谷洋介監督が就任し、本格的に強化を始めました。

チームとしては、「愛されるチーム」、「No. 1への挑戦」を掲げています。サッカー部として結果を残すことはもちろんのことですが、それだけでなくサッカー部での様々な活動・経験することで、一人の人として成長をすることを目標としています。

 

強化方針

年間で100試合を超える練習試合をこなし実践での強化に力を入れています。

また、公式戦のない月はフィジカル強化の集中期間をつくり、学校内や他県で合宿を行う事で個人能力・チーム力・人間力の強化を図っています。

サッカートレーニングと並行してフィジカルの維持・向上を目的に、1年間を通して各ウエイトメニューに数値ノルマを期限をつけて提示し、継続的にフィジカル強化に取り組んでいます。

 

サッカー部の特色

  • 経験豊富な充実したコーチングスタッフ陣

    コーチングスタッフ陣の質と、選手たちへの面倒見の良さが成徳深谷サッカー部最大のストロングポイント。

    平日の練習でも各カテゴリーを指導することができるスタッフが常駐し、選手一人ひとりが自分のポジションや課題に合った緻密な練習をすることができます。

  • より多くの選手に活躍のチャンスを

    トップチームを強化するだけでなく、セカンドチームからの底上げにも力を入れていて、より多くの選手に公式戦の出場機会が与えられる環境です。

    そこから生まれる、選手同士が互いに緊張感を持って高め合える環境と、それを支える優秀なスタッフが成徳深谷サッカー部の原動力です。

  • サッカーだけでなく人としても大きく成長できる環境

    全部員が13個の役割に属し、『計画・行動・改善』を繰り返しながら成徳深谷サッカー部をより良くするために、各々が意欲的に活動しています。

    この活動を通して周囲のために何ができるかを自分で考え、自発的に行動できる自立した人間を育てます。

 

スローガン モットー

“凡事徹底”〜当たり前のことを人並み以上に〜

成徳深谷サッカー部の根底にある考え方が「凡事徹底」です。

なんでもないような当たり前のことをサボらずに徹底的に行うこと。当たり前のことを人には真似できないほど一生懸命やること。

そのような「凡事徹底」の精神を大切にしています。

 

ミッション 目標

  • 愛されるチーム

    ピッチ内だけでなく、学校生活や学校外での行動・言動を含め、誰からも応援されるような人間=愛される選手になり、成徳深谷サッカー部として「愛されるチーム」になることを目指します。

  • No.1への挑戦

    成徳深谷サッカー部は全国優勝を目指しています。また、大会の結果だけでなく、チームとしてのマナー・組織力・人間力など全てにおいてNo.1を目指します。日々の生活・練習になんとなく取り組むのではなく、選手・スタッフ全員が目標を強烈に意識して生きていきます。

 

クレド 理念・信条

成徳深谷高校サッカー部の部員・スタッフは、下記の項目を念頭に置いて日々行動します。

 

  • 感謝の心を持ち続ける

    今のあなたがいるのは紛れもなく誰かの支えがあるからである。サッカーをできること自体に感謝し、”ありがとう”を素直に表現できる人間になろう。

  • オフ ザ ピッチ=オン ザ ピッチ

    サッカーと学校生活は表裏一体である。サッカーをしているのも普段生活しているのも同じ人間。サッカーだけ真面目にやっていても必ずどこかでボロが出る、そして成長も止まる。そのことに早く気づき、変わろう。サッカーこそ人生の縮図。

  • 諦めない心が未来を切り拓く

    夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。諦めようとする弱い自分に勝ち続けた者だけが夢を叶えることができる。今、諦めない君の姿勢が自分とチームの未来を変える。未来は今の延長線。

  • 矢印を自分に向ける

    人のせいにするという事は、自分ではどうにもできないと認める事である。文句や不平不満を言うのではなく、矢印を自分に向け、どうすれば現状を変えられるのかを考える。全ては自分次第だと考え行動できるのが成徳深谷サッカー部。

  • 行動者がカッコイイ

    周りの目を気にして行動できない人よりも、勇気を出して自分から行動できる人がカッコイイ。自分の殻を破り捨て、一歩踏み出せる行動者こそが”成徳の力”になる。

  • “本気”で取り組む

    叶えたい目標はなんだ?

    その行動はふさわしいか?

    昨日の自分を超えたか?

    それが本気か? もっとやれる